学習管理システムは学習活動を一元化、展開、および測定します。
最先端の学習管理システムは、次のようなさまざまな社内外の企業ユースケースをサポートします。

オンラインカスタマートレーニング

もう1つの一般的なLMSのユースケースは、組織が顧客にトレーニングを提供することです。これは、ユーザーが製品を使用できるようにユーザーを効果的にオンボーディングする必要があるソフトウェアおよびテクノロジー企業に特に一般的です。継続的な顧客トレーニングはまた、顧客により多くの価値を提供し、顧客離れを防ぎます。

オンラインパートナートレーニング

LMSを活用して、組織のパートナーやチャネル(再販業者など)をトレーニングすることもできます。これは、パートナーシッププログラムを強化し、パートナーにより多くの価値を提供するための優れた方法です。

オンラインパーソナルトレーニング

LMSは、一元化されたトレーニングコンテンツを作成し、デジタル学習を使用してメンバー間のエンゲージメントを促進することにより、メンバーシップの価値を高めるためにも一般的に使用されます。

社員研修

おそらく最も一般的なLMSの使用例は、新入社員が最初のオンボーディングで迅速に立ち上げてオフィスでの維持を開始できるようにサポートする企業LMSとして機能することです。

この一般的なLMSのユースケースは、タレントマネジメントと現在の従業員のトレーニングと能力開発をサポートすることです。 。LMS内では、コースを割り当てて、従業員が適切な職務スキルを習得し、製品の変更について通知を受け、コンプライアンストレーニングの最新情報を入手できるようにすることができます。

コンプライアンストレーニング

時々、私たちは皆、物事を成し遂げるために何をすべきかを知っているあなたに少しキックを必要とします。LMSは、従業員が義務付けられたトレーニングを確実に受けられるようにし、定期的な認定およびトレーニングプログラムを管理するためによく使用されます。この一元化されたアプローチは、リスクを軽減し、潜在的な規制コンプライアンスの問題を回避するのに役立ちます。

セールスイネーブルメント

セールスイネーブルメントとは、営業において成果を継続的にあげていくことを目的とし、営業部署の強化・よりよい改善のための取り組みのとこをいいます。
営業担当者が結果を出すための支援をLMSで実現します。
例えば、営業担当者が必要な知識を必要なときに正確に準備することにより、大規模な販売を可能にするための中心的な役割を果たします。このプラットフォームはまた、オンボーディングをスピーディーにするため、新入社員はより早く販売を開始でき、トップパフォーマンスを維持することができるでしょう。