学習管理システムのメリット

オンラインコース市場に参入する企業や講師や専門家が学習管理システム(LMS)を使用することには、多くのメリットがあります。

学習管理システム(LMS)のメリット

費用と時間の節約

LMSまたは学習プラットフォームを使用して教育や研修、各種トレーニングプログラムを作成、管理、および実行すると、従来の方法と比較して、費用と時間を大幅に節約できます。
LMS機能を使い、オンライン学習サイトを構築すると、リアルな教室を必要とせず、費用を大幅に削減することが可能であることは誰でも想定できると思います。
LMSのおかげで、場所に困ることもなく、費用を節約した分、他のリソースに割り当てることができます。
オンライン教室では、地理的に異なる場所から学習する人々の同時トレーニングが可能であり、今までマーケットとしてた地域レベルのエリアが全国となり、ビジネス促進を加速することができます。

効率的な学習管理

LMSの学習プラットフォームにより、管理者、講師、受講者の管理をオンライン上で行うことができ、それぞれでコミュニケーションをとることも可能となります。
コンテンツ管理の制御が可能となり、それらは、登録/サインアップの効率的な管理、およびグループとコースの作成を可能にします。
家庭教師、学生、監督者、管理者の役割はすべてLMSで管理でき、ユーザーへの通知、リマインダー、メッセージを簡単に管理できます。
シンプルで直感的な方法でコンテンツと主題の作成と管理を可能にする強力なツールとして使用できます。
生徒はコンテンツや作業やプロジェクトをアップロードして教師や仲間の学習者と共有でき、それらはデータベースに保存され、効率来な管理が実現します。

情報への簡単なアクセス

すべての情報は同じ場所で整理された方法で構造化されているため、すべてのユーザーがアクセスできます。
コース、カレンダー、マルチメディアコンテンツ、アーカイブ、評価には、ワンクリックでアクセスできます。すべての学習者は、インターネットにアクセスできる場所ならどこからでも、いつでも学習コンテンツや教材にアクセスできます。

パーソナライズ

LMSの学習プラットフォームにより、各教育機関または組織は完全なパーソナライズも可能になります。
企業イメージやブランドは、プラットフォームに組み込むことができ、異なる要素および特徴は、企業や組織の好みに合わせて調整することができます。
それらは、多言語プラットフォームまたは単一言語プラットフォームにすることができます。さらに、さまざまなポータルとユーザーIDを追加のインストールなしで作成でき、Webアクセスと同時に機能できます。

可能性は無限であり、学習者の評価や試験/テストのためのシステムも含まれる可能性があります。

最新かつ即時のコンテンツ

学習管理システムを使用すると、管理者はすぐにアクセスしてコースのコンテンツを更新したり、学生がすぐにアクセスできるように資料やリソースを追加したりできます。

レポート作成

LMSでオンライン学習サイトを構築すると、学習者、グループ、作業の完了、所要時間などの詳細なレポートを作成、パーソナライズ、ダウンロードできるため、グループとして、または個別に進捗状況を簡単に評価できます。

マルチメディア学習

このシステムにより、企業や教育機関は、ビデオ、画像、音声、テキストを使用して、包括的で実用的なマルチメディア学習コンテンツを作成できます。
新しいスキルや情報を学習するための優れたツールとして機能し、学習者は、チャットプラットフォームやオンラインフォーラムを介して、トレーナーや教師、クラスメートとコミュニケーションを取り、より協調的で、インタラクティブで、魅力的で、個人的な学習環境を構築することもできます。

コミュニケーションの改善

LMSは、学生と教師、管理者と従業員、または永続的にオープンなコミュニケーションチャネルを備えたプラットフォームのすべてのユーザー間のコミュニケーションとコラボレーションを促進します。
これらは、グローバルまたは個別の電子メール、メッセージ、フォーラム、および議題など、コミュニケーションの全体的な管理を容易にします。ユーザーが1つの画面ですべての重要または重要な情報を見つけることができる環境です。

販売と商品化

LMSは、プラットフォーム上で管理および自動化され、クレジットカードまたは銀行振込で支払いが可能な、eコマースを介したオンラインコースの販売をすることが可能です。
学生はコースにサインアップして、オンラインで簡単に支払うことができます。学生が申し込むことができるコースの数に制限はなく、学生の数と提供されるコースの増加にも制限はありません。

その他メリット

  • 無制限の数の学生、誰もが同時に学ぶことができます。
  • 地理的な障壁や移動費用はありません。
  • すべての学習リソースを一元化する。
  • 組織化された方法で各学生のパフォーマンスを監視します。
  • 教材とレッスンの内容を簡単に更新できます。
  • フレックスタイム制と学習場所。
  • 教室のインフラストラクチャコストがゼロ。
  • ビデオ、オーディオ、ライブブロードキャスト、チャット、配布物、プレゼンテーション、チュートリアルなど、さまざまなリソースを使用する機能。
  • 生徒と教師の間の相互作用を許可します。
  • 誰もが自分のペースで学習できるようにします。

学習プラットフォームは強力な360度ツールであり、多くの企業や教育機関が無制限のメリットを検討する必要があります。優れた実装により、トレーニングと教育の成長に大きな成果をもたらすことができます。

学習管理システムの主な機能

カスタマイズ

ロゴ、画像、カスタム配色を使用して、オンラインコースの視覚的アイデンティティを簡単にカスタマイズできます。

ホスティング

安全で信頼性の高い環境を確保するための冗長性とバックアップを備えたホスティングコース。

モジュラーコース

学習を容易にするために、モジュールセクションとレッスンを備えたオンラインコースを編成する可能性。

統合

Dropbox、YouTube、Vimeoなどの他のプラットフォームからコンテンツを統合してインポートします。

オンライン支払い

PayPal、PagSeguro、またはStripeを介して安全に支払いを受け取る。

学生(ユーザー)の管理

学生を管理し、各学生の進捗状況とパフォーマンスをリアルタイムで追跡する機能。

レスポンシブ(UI・UX)

デスクトップ、タブレット、モバイルのサポートが最適化された、完全に応答性の高いシステム。

利用可能なブラウザ

Google Chrome、Safari、Firefox、Internet Explorerなど、市場で最も人気のあるブラウザのサポート。

学習管理システム(LMS)とは

広く知られているように、学習管理システムまたはLMSは、オンラインコースの台頭とともにますます目立つようになっている用語です。

学習管理システムは何のためにあるのか

名前が示すように、学習管理システムは基本的にオンライン教室のように機能するSaaS(サービスとしてのソフトウェア)です。

このタイプのシステムは、教師と生徒が同じ部屋にいなくても対話できる遠隔教育のソリューションとなるように設計されています。

LMSを通じて、インストラクターはコースとオンラインクラスを提供できます。プラットフォームにアクセスすることで、学生は、コンテンツについて話し合うためのチャットなど、学習をサポートする資料やその他のリソースにアクセスできます。

遠隔教育ツール、学習管理システムの主な目標は、オンラインでの教育と学習を可能にすることです。

eラーニング市場の成長に伴い、ラーニング管理システムには数百万人の学生がおり、ますます多くの人々が質の高い教育を受けられるように支援しています。

学習管理システムの仕組み

仮想教室になるためには、ソフトウェアはこのダイナミックを促進するためのリソースを持っている必要があります。

技術的な部分は、登録された学生、パスワード、コンテンツの公開、アクセスの監視、パフォーマンスレポート、チャットなど、コースの実装と管理の実用的な要素で構成されます。

教育学的部分とは、開発用コンピューターをガイドする教育的アプローチを指します。たとえば、環境によって生徒がコンピューターに「関連」する方法などです。

学習管理システムでは、さまざまなメディアやリソースを使用して、ビデオ、オーディオ、プレゼンテーションなどのWEB上で構築ができます。

また、学生、教師、仲間の間の相互作用、研究に利用できる情報や資料の交換を可能にするツールもあります。

学習管理システムを利用する対象者

LMSは、新しい知識を求める人々、新しいビジネスや追加の収入源を持つことに関心のある専門家、および従業員により経済的かつ効率的に力を与えることを望む企業によって世界中で使用されています。

学習管理システムを利用するユーザー

学生:新しい知識を習得し、研究を継続または促進する方法としてオンラインコースを求めるすべての人。企業環境では、トレーニング中、会社のガイドラインを更新する必要がある、または新しいスキルが機能するための学習段階にある従業員。

インストラクター:特定の主題に関するコンテンツを作成し、教材を計画および開発し、各生徒の進捗状況を指導および監視します。企業環境では、たとえば、マネージャーがコースの内容を担当する場合があります。

ご覧のとおり、学習管理システムは、専門分野に関係なく、何かを教えたり学んだりしようとしている個人が使用できます。

特定のコースを実行できるかどうかは、選択したコースのインストラクターによって重要であると識別された要件によって異なります。

Create A product first!

Create a product first please!